食べても食べても太れない!健康的に太るためには?

虚弱体質の場合、身体が細くてガリガリの人も多く、その日は体調が良くても具合が悪く見られてしまったり、普段からも不健康な印象に見えてしまいがちです。
女性で虚弱体質の人であれば、痩せている体型を羨ましがられる人もいますが、本人からしてみれば実は痩せている体型こそが、肥満と同じくらい大きな悩みであることも少なくありません。

 

虚弱体質でも健康的に太れる?

 

一般的な体質の場合、食べ過ぎてしまうと太ってしまいますが、虚弱体質の人が食べ過ぎたくらいでは、簡単に体重は増えません。羨ましいと思う人もいるかもしれませんが、体重が増えないのもなかなか辛いものがあります。

 

意図的に体重を増やしたい場合、スナック菓子、揚げ物、アイスといった脂質や糖質の多い食べ物を頻繁に食べるといったことを行えば、大体の人は体重が増えますし、役者さんの役作りでこのような食生活を送ることもあるようです。
しかし、あくまでもこれは一時的な方法に過ぎません。
ずっとこんな食生活を続けていては、肥満どころか健康に害を及ぼすだけですし、虚弱体質の人がこの食べ方をしたところで、体重が増えないのに胃腸に負担がかかって体調を崩すといった悪循環でしかないのです。
最悪の場合は、生活習慣病や糖尿病などの病気になってしまう可能性だってあります。

 

食事のメニューはバランスを考える

 

虚弱体質の人は、日頃から食が細いので、食べてもなかなか体重が増えないものですが、健康的に体重を増やしたいのであれば、

 

ご飯やパンなどの炭水化物
肉類・魚類の動物性たんぱく質
緑黄色野菜

 

といった食品を、毎食バランスよく食べるのが理想的です。
栄養バランスが整っていると、身体に栄養素をきちんと届けることが出来るので、続けることで健康的な体型を目指すことが出来ます。
ご飯やパンなどの炭水化物は、身体のエネルギーを作るのに欠かせない食べ物なので、炭水化物は抜かずに食べましょう。

 

食生活を振り返ってみる

 

虚弱体質の場合、食欲不振を理由に同じようなものばかりを食べてしまいがちな人もいますが、毎回同じものばかり単品で食べていても、栄養が偏ってしまい、身体のエネルギーも足りなくなるので、ノートなどに、

 

これまでの食事のメニュー
栄養バランスの良い理想的なメニュー

 

を書き出して、比較してみるといいでしょう。
こうして比較してみることで、普段の食事で何が足りていないのかが分かるようになります。

 

ご自身の適正体重を目標にするのであれば、朝・昼・夜と栄養バランスの整った食事を摂ることや、食事に段々と慣れてきたら、少しずつ食事の量を増やしていくのがお勧めです。
このように、除々に量を増やしていくことで、食べた食事が脂肪に変わりやすくなるといわれていますから、虚弱体質のガリガリの体型をなんとかしたい場合は、この食べ方を実践してみましょう。

 

とはいえ、虚弱体質の場合、普段から食が細いため、胃がデリケートになっていることが多いですから、急に食事の量を増やすといったことは禁物です。
バランスの良い食事を腹八分を目安にしつつ、除々に量を増やして「食事を摂る」ことに慣れていきましょう。