虚弱体質でも妊娠・出産は出来る?

女性で妊娠・出産を望む人であれば、それが叶うのであればとても嬉しいことですが、虚弱体質に悩む女性の中には、虚弱体質だからと妊娠・出産に不安を感じる人がいます。

 

特に出産は、非常に体力が必要になるため、健康的な女性と比べて虚弱体質の女性には負担が大きいともいえますが、実際に虚弱体質であっても妊娠・出産を終えて、これまでの虚弱体質が嘘のように、育児に奮闘している人も多くいらっしゃいます。

 

虚弱体質の女性の妊娠・出産

 

妊娠中、または出産を控えている女性は、お腹の中の赤ちゃんにしっかりと栄養を届けることが必要なため、妊娠前よりも食事の量、栄養バランスを特に配慮する必要がありますが、特に虚弱体質の女性の場合、これまで通りの食生活を送っていると、赤ちゃんに必要な栄養が不足してしまい、出産の際のリスクが上がってしまうことも考えられます。

 

出産は、非常に体力が必要になるため、出産までに身体の準備が出来ていなければ、陣痛の痛みに身体が耐えられないため、帝王切開での出産になったり、出産前に入院が必要になることもあります。
人によっては、出産後に虚弱体質が悪化してしまうこともあります。

 

虚弱体質は遺伝するの?

 

虚弱体質が遺伝するのでは?といったことを考える人もいるかもしれませんが、実は虚弱体質は、子供に遺伝した例は稀で、遺伝する可能性は0ではないものの、そこまで不安に考える必要はないようです。

 

虚弱体質と有酸素運動

 

やはり、虚弱体質を改善するには、

 

日頃から適度な運動を行う
食事の栄養バランスを意識する

 

といったことを日常的に行うことが重要といえます。
特に女性の場合、適度に運動をして身体を動かすことで、身体の代謝がアップするので、生理周期が正常になったり、体力がつくので風邪をひきにくくなったり、風邪をひいても治りやすいなど、妊娠しやすい身体づくりを目指せます。

 

虚弱体質だと、少しの運動でもすぐに疲れてしまいますから、日頃から歩くことを意識してみましょう。
体力をつけるには、沢山動くというよりは「下半身を強化する」といったことを意識するのが、体力アップへの近道ですから、ウォーキングを始めたり、虚弱体質でもある程度運動が出来る人であれば、軽いジョギングなど、有酸素運動を行うといいでしょう。

 

また、有酸素運動を行うことで、血行促進、脂肪燃焼効果が期待できますが、実は有酸素運動は、内臓の働きを活発化させることが可能になるので、特に虚弱体質の人には向いている運動といえます。
まずは、普段バスなどで移動している距離を歩いてみるなど、身近なところから始めてみるといいでしょう。

 

虚弱体質とバランスの良い食生活

 

虚弱体質を改善する食事として、意識したいのがビタミンB群、ビタミンA群が豊富に含まれている食材を意識して食べるのがお勧めです。

 

レバー
肉・魚
緑黄色野菜
野菜

 

などをバランスよく食べるのが理想的で、特にレバーは、貧血予防にも効果的なので、妊娠中の女性には特に欠かせない食材ともいえます。
虚弱体質の女性で、将来的に妊娠を望む女性であれば、日頃からこのような諸品を意識してバランスよく食べましょう。

 

サプリメントでも

 

これらの食品が苦手な人や、アレルギーがある人であれば、サプリメントで摂ることも出来ます。
ここ数年で、妊娠中でも安心して飲めるサプリメントも段々と増えてきているほか、妊娠前から葉酸サプリメントを摂るなど、女性に嬉しいサプリメントが増えてきています。

 

虚弱体質に関係なく、女性であれば妊娠・出産に向けて不安のない人はいないでしょう。
あなたが妊娠・出産を望むのであれば、あなた自身はもちろん、赤ちゃんの健康を守るためにも、虚弱体質を改善して体力のある身体づくりを目指しましょう。