性別で違う?虚弱体質の悩み

男性でも女性でも、性別に関係なく虚弱体質に悩む人がいますが、男性と女性では、虚弱体質の悩みが違うようです。
ここでは、男性・女性の虚弱体質の悩みについてお話していきます。

 

男性の虚弱体質

 

男性で虚弱体質に悩む人の場合、風邪をひきやすいものの、風邪をひくことで必ずといっていいほど、腹痛・下痢といった症状が現れる人が多いようです。

 

また、

 

日常的に頭痛を感じる
のどが痛い
食欲不振
健康な人と比べて体力がない

 

などの症状が現れることが多いようです。
日常的に頭痛を感じたり、のどの痛みといったのは、風邪のひき始めのような症状ですから、ご自身が虚弱体質であることに気付かない人もいるようですが、食欲がなかったり、健康的な男性と比べると体力がないので、どうしても仕事を休みがちになってしまうことも。

 

虚弱体質は、これといった病名がないため、理解されるのが難しいものでもあります。
体力が人よりないので、眠っても疲れが取れずに慢性疲労の状態になってしまったり、また、そのまま毎日仕事をするため、ストレスを感じやすい傾向にあります。

 

女性の虚弱体質

 

次に、女性の虚弱体質ですが、常に顔色が悪かったり、風邪をひきやすいのに治らないなど、身体の弱い部分に不安を感じている人が多いのが特徴です。
男性と症状が違うものの、同じ虚弱体質ですから、病院にいっても病名がないので、疲労などで済まされてしまうことも少なくないようです。

 

虚弱体質の困ったところは、「虚弱体質」自体が正式な病名ではなく、あくまでも「そういう体質です」といったことから、薬で治すといったことが出来ないので辛いものがあります。
虚弱体質の人でアレルギーもある人は、遅刻・早退も多い傾向にあるようで、虚弱体質自体が、なかなか理解を得られない病気であることから、職場に居づらくなって退職する・・・といった人も実際にいるようです。

 

男性・女性に共通の虚弱体質の症状

 

ここまでお話した男性・女性の虚弱体質の症状は、あくまでも一例に過ぎません。ですから、男性であっても女性の虚弱体質のような症状が出る人もいれば、女性であっても男性の虚弱体質のような症状が出る人もいます。

 

男性・女性で共通している虚弱体質の症状といえば、

 

疲れやすく元気がない
風邪をひきやすい

 

などが挙げられますが、病名がつかない・原因が分からないからといって、諦める必要は、ありません。
「体質は遺伝する」という話もよく聞きますが、虚弱体質については、遺伝は稀で、もし遺伝からきたものであっても、医師が診断した病気がなければ、毎日の生活習慣・食生活で改善することも可能なので、諦めてはいけません。

 

胃腸が弱い
すぐに風邪をひく(免疫力が低い)
冷え性

 

といった症状を感じている人は、虚弱体質かもしれません。
感じる症状が重くなる前に、毎日の生活習慣や食生活を一度見直してみましょう。