胃に負担の少ない食べ物を

毎日の食生活でも、消化にいい食べ物と、消化に負担が掛かる食べ物があります。
胃に負担が掛かってしまうと、胃痛を起こしたり胸焼けを起こすなど、結果として内臓も疲れてしまい、身体のだるさや重さを感じやすくなってしまうので、毎日の食生活の栄養バランスはもちろん、胃に負担がかからない食品を意識してみるのもお勧めです。

 

胃に負担の掛かる食べ物

 

夏バテなどで食欲がない場合、酸味のあるサッパリとした食べ物が食べやすいのでいいと言われ手いますが、食欲がないときというのは、胃が弱っていることもあります。
このタイミングで、柑橘類、お酢などの酸味の強い食品を摂ると、胃酸の分泌が促進されてしまうため、食欲増進の一方で、胃酸の分泌が活発になるので、胃痛の原因になってしまいます。

 

レモンなどの柑橘系
ハム
唐揚げやハンバーグなどの肉類
お寿司
ごぼう・れんこんなど繊維の多い根菜類
唐辛子やわさびなどの辛いもの

 

これらは、胃痛の原因になりやすい食品なので、特に胃が疲れていると感じているときや、食欲がない、身体がだるく疲れている場合は、特に脂質の多い揚げ物などの肉料理、また柑橘類は、胃粘膜を直接刺激して胃に負担をかけてしまうので、食べるのは避けましょう。

 

特に肉類は、消化に時間がかかるほか、ごぼうやれんこんなどの繊維を多く含む根菜類も控えてみましょう。

 

実は飲み物も胃に負担をかけます

 

カフェインを含んだ飲み物もまた、胃痛の原因になるといわれています。
カフェインは、胃酸の分泌を促進させてしまう作用がありますが、中には「コーヒーを飲むと胃が痛くなる」という人もいるようです。

 

コーヒー
紅茶
緑茶
炭酸飲料

 

これらの飲みものは、カフェインを含んでいるほか、炭酸飲料は、胃を直接刺激してしまうので、胸焼けの原因にもなります。
カフェインは、胃酸の分泌を促進させるのはもちろん、胃を直接刺激してしまいますから、疲れているときは飲むのを控えてみましょう。