疲労回復効果のある食べ物を

虚弱体質の場合、どうしても身体に疲れが溜まりやすくなってしまいますが、だるさが抜けない、疲れが取れないといった日が続いてしまうと、日常生活にも除々に影響が出てきてしまいます。

 

疲労回復に一番効果的なのは、質の良い睡眠を摂ることや、そのために適度な運動を行ったり、ストレスを解消するといった方法があるものの、これを実践するのがとても難しかったりします。
だからこそ、疲労回復効果のある食品を摂ることで、身体に必要な栄養を与えてあげるのが大切です。

 

回復の鍵は「イミダペプチド」

 

「イミダペプチド」という、ちょっと聞きなれないこの名前ですが、この成分は、鶏の胸肉に豊富に含まれている成分で、筋肉の疲労回復・予防に効果的といわれています。

 

鶏の胸肉
まぐろ
アジ
ブリ

 

といった食品の含まれています。
イミダペプチドは、「1日100g」の摂取が理想的で、栄養バランスよく2週間程度継続して食べることで、効果が出やすいといわれています。

 

疲労回復にはビタミンBを

 

また、ビタミンB群は、疲労回復、ストレス解消、精神的な疲労を回復するのにも効果的なので、毎日積極的に摂りたい栄養素です。
栄養は、出来れば毎日の食事から摂るのが理想的ですが、食べ物にも好き嫌いがあるため、サプリメントで手軽に補給するといった方法もあります。

 

疲労回復といえばクエン酸

 

疲労の原因は、筋肉に溜まる乳酸が原因ですが、クエン酸はこの乳酸を分解してくれる作用があります。
「クエン酸は疲労回復に効果的」といわれているのは、このためです。

 

レモンなどの柑橘系の果物はもちろん、梅干、キウイ、いちごなどに多く膨れており、疲れはもちろん、夏バテで食欲がないときでも、食品をサッパリとさせて食べやすくしてくれます。