貧血を予防・改善するだけでも虚弱体質はかなり違ってくる

貧血は、血液の中の赤血球やヘモグロビンが、正常値よりも少ない状態になることで身体に十分な酸素が行き渡らず、身体が酸欠になってしまった状態の病気です。
動悸、息切れ、めまい、立ちくらみなど、身体に不調が現れるほか、人によっては日常生活に支障を来たすこともあるのはもちろん、自覚症状がない人もいます。

 

虚弱体質で貧血の人は、貧血を予防・改善するだけでも体調が随分と変わってくることもあります。

 

貧血予防・改善と食事

 

貧血予防・改善といっても難しいのでは・・・と戸惑ってしまう人もいるかもしれませんが、貧血予防・改善には、「栄養バランスの良い食事を1日3食きちんと食べる」ことが一番です。
そこに、鉄分を豊富に含んだ食品や、血液を作るのに欠かせない栄養素を意識して摂るのが理想的です。

 

ビタミンは、造血作用があるので、日頃から意識して摂りたい栄養素です。
ビタミンの中でも、ビタミンCは、鉄分の吸収率をアップさせる作用があるので、日頃からビタミンを豊富に含んだ果物や緑黄色野菜を摂ることで、非ヘム鉄の吸収をサポートしてくれます。
また、ビタミン12、葉酸は、血液に必要な正常な赤血球を作ることをサポートしてくれます。

 

ビタミンCは、パセリ、柑橘系の果物(レモンやグレープフルーツなど)、緑黄色野菜、いちごなどに豊富に含まれており、ビタミンB12は、レバー、魚介類、チーズに含まれているほか、大変身近な納豆などの大豆製品、ほうれん草、ブロッコリーなどには葉酸が含まれています。

 

良質なたんぱく質と鉄分を

 

赤血球、ヘモグロビンを作るのには、良質なたんぱく質も必要です。
たんぱく質は、赤血球、ヘモグロビンを作るのに必要な栄養素にも関わらず、身体の中に蓄積させておくことが出来ない栄養素なので、毎日バランスの良い食事の中で意識して摂るのが理想的です。

 

肉類、魚介類、たまご、乳製品には、たんぱく質が多く含まれていますが、これらの食品と一緒に、鉄分も摂りたいものです。
鉄分は、レバー、パセリ、貝類、ひじき、青海苔、豆味噌などの食品に多く含まれているので、魚介類のスープや、味噌をつけて肉を焼くなど、工夫しながら美味しく栄養補給をしましょう。