虚弱体質を治そう!

身体が疲れやすい、眠っているのに疲れが抜けないなど、虚弱体質の症状はとても辛いものがあります。
一番の改善方法は「体質改善」にあるますが、体質改善を行うにも、まずは虚弱体質の原因を知らなければ、改善のしようがありません。
ここでは、虚弱体質の原因について考えられるものをご紹介します。

 

運動不足で体力が低下している

 

子供の頃と違い、年齢を重ねていくごとに段々と運動をする時間が減っていきます。そうなると、体力が落ちるのはもちろん、筋力が落ちてしまうので以前よりも「運動をしよう」という意欲も失われていきがちです。

 

私達の身体は、筋肉の量が低下すると、段々と身体が弱くなっていってしまうので、軽い運動を行ったり、階段を上がっただけですぐに息が上がるなど「疲れやすい身体」になってしまいます。
運動をほとんどしていなくて身体に疲れを感じるという人は、運動不足からくる筋力の低下が原因かもしれません。

 

突然運動を始めても、身体に負担をかけるだけです。
ですから、最初は散歩程度の有酸素運動から始めて、除々に運動量を増やしていくのがいいでしょう。

 

食生活が乱れていませんか?

 

昔の食生活と比べて、現在では随分とレトルト食品、ファーストフードといった加工食品を口にすることが多いので、添加物や脂質を摂る機会が増えてしまっています。

 

添加物や脂質というのは、消化に悪い成分を多く含んでいることから、これらを摂りすぎることで消化不良、胃腸機能の低下に繋がるといわれています。
胃腸機能の低下は、

 

便秘
胃痛
下痢や腹痛

 

といった、お腹の調子が悪くなるといった症状がみられやすくなります。
ファーストフードばかり食べているのも、栄養バランスが偏ってしまいますから、結果として体調不良を招いてしまうこともあります。

 

便秘がちな人は要注意?

 

普段から便秘気味な人や、頻繁に便秘を起こす人、胃腸に何かしら不安を抱えている人の多くは、食生活が乱れている傾向にあります。
また、食物繊維を多く摂っても、適度に水分補給を行わなければ返って便秘を招く可能性もありますし、過剰な食物繊維の摂取は、お腹が緩くなるといったことにも繋がるので、バランスの良い食生活を意識することが大切です。

 

食生活の改善はもちろん、毎日適度に身体を動かしてあげることで、消化が促進されるので、不快な胃腸の不調の改善にも繋がります。

 

虚弱体質の原因

 

ここでは引き続き、虚弱体質の原因についてお話していきます。

 

自律神経が乱れている

 

私達の身体は、睡眠不足が続いたりストレスを感じると、自律神経のバランスが乱れて血流が悪くなります。
血流が悪くなると、全身の体温が下がりやすくなるので、抵抗力が落ちて体調を崩してしまったり、病気を引き起こすなど、肉体的・精神的に悪影響を及ぼし始めます。

 

職場のストレスが大きい

 

仕事なんて出来れば行きたくないし、好きなだけ眠っていたいと考えるのは、ストレス社会の現代においてある意味当たり前に思ってしまうことかもしれませんが、これは職場でのストレスが原因であることが多いのではないでしょうか。

 

ストレスを感じることで、交感神経が優位になり、内臓の機能が乱れます。
こうなると、身体が疲れを感じやすくなったり、胃腸の働きが弱くなるといった症状が現れる場合があります。
特に、虚弱体質の人は繊細なため、ストレスを抱えやすい傾向にあるため、虚弱体質の原因として、自律神経の乱れも挙げられます。

 

虚弱体質は遺伝するの?

 

虚弱体質の場合、遺伝の影響が全てとは言い切れないものの、免疫力が低いなど、先天性のものであることも少なからずあるといわれており、疲労感や倦怠感、体調不良をどうにも出来ずに悩む人も少なくありません。

 

とはいえ、虚弱体質は、毎日の食生活の改善、毎日適度な運動を継続して行うということで体質改善を図ることで、虚弱体質を改善させることが可能です。
そもそも、私達の「体質」は、後天性の要素の方が大きいため、毎日の生活習慣を改善することで、改善・緩和される症状が多いため、生活習慣の見直しはとても重要です。

 

まず、ご自身の体力が減退してしまっている原因は何なのかを知ることから始めてみましょう。
明らかに運動不足な人は、毎日散歩をする、バスなどで移動している距離を歩いてみるといった、身近で身体に負担が掛からないことから始めてください。

 

食生活が乱れていると感じている人は、栄養バランスの整った食事を摂ることから始めてみましょう。